「New Book」カテゴリーアーカイブ

『連句 虚空を貫き』

夏 石 番 矢 &カジミーロ・ド・ブリトー

117767382079216413407

Casimiro de Brito & Ban’ya Natsuishi
Através do ar  Through the Air  A Travers l’ air (Renku)

ポルトガル語、日本語、英語、フランス語を駆使した多言語連句集。
ポルトガルと日本で繰り広げられる
丁々発止の魂のキャッチボウルを愉しもう。

カジミーロ・ド・ブリトー
1938年、ポルトガル、アルガルヴ生まれ。アルガルヴで幼年期と青年期を過ごし、実業を学ぶ。ポルトガル・ペンクラブ会長、世界俳句協会、国際詩祭「地中海の声」、ブラジルの詩誌数誌の顧問。世界平和大使(ジュネーヴ)に任命される。活動は、数知れない国内外での朗読、討論、学校・文化団体・大学での講演に及び、世界中の会議や詩祭への頻繁な参加も含まれる。リスボン国際詩祭とポルト・サントー国際詩祭のディレクター。著作に対する数多くの賞に加え、その詩業により第一回レオポルド・セダール・サンゴール国際詩賞を受賞し、『落下の書』が2004年イタリア最高の詩集として、ヨーロッパ詩賞シビリア・アレラモ=マリオ・ルジ賞を受ける。

夏 石 番 矢
1955年兵庫県相生市生まれ。東京大学で学び、1981年同大学大学院で比較文学比較文化の修士号取得。1992年明治大学法学部教授となり、いまも教鞭を取る。1993年中国の吉林大学で講演し、1994年にはドイツで、1995年にはイタリアで開催の俳句会議に招かれる。1996年から1998年までパリ第7大学客員研究員。1998年鎌倉佐弓とともに、国際俳句雑誌「吟遊」を創刊し、現在まで発行人。1980年「俳句評論」年間推薦作家に選ばれ、1981年「俳句研究」五十句競作入選(第一位)、1984年椎の木賞、1991年現代俳句協会賞、2002年21世紀えひめ俳句賞河東碧梧桐賞など受賞。
定価 本体1600円(税別)
発行・発売  七月堂
〒156-0043 東京都世田谷区松原 2-26-6-103
TEL.03-3325-5717 FAX 03-3325-5731
E-mail: July@shichigatsudo.co.jp
Website: http://www.shichigatsudo.co.jp/
著者ブログ記事 http://banyahaiku.at.webry.info/200704/article_34.html

Endless Helix

インドからの出版 『無限の螺旋』

endlesshelix著者 夏石番矢(Ban’ya Natsuishi)
序文 プラバル・クマール・バス(Prabal Kumar Basu)


この『Endless Helix』(無限の螺旋)という本は、二つの章に分かれ、最初の章を、夏石番矢は「Concentric Circles」(同心円)と名づけている。これは、普遍的魅力を与えられた、すべての境界を横断する本質を持つ詩を生み出している。
「Dreams」(夢)と名づけられた第二章では、伝統的な俳句を、通常実作されている詩の形式にまで引きずり出しながら、なおも俳句の特質を保たせる実験を、作者は行なっている。

(序文より)


俳句50句「同心円」(Concentric Circles)
日本語、ポルトガル語、英語、仏語、スペイン語、
リトアニア語
短詩20篇「夢 」(Dreams)
日本語、英語

題字 夏石番矢
カバーデザイン 清水国治(Kuniharu Shimizu)
定価 15USドル 10ポンド
ISBN 978-81-8253-072-0
発行 Cyberwit.net

著者ブログ「インドからの出版」 http://banyahaiku.at.webry.info/200610/article_5.html

ネットからの購入 http://tajmahalreview.com/ban’ya.htm
http://cyberwit.net/ban’ya.htm
「同心円」より一句

無限の螺旋
黙して歌う
われらが体内

Espiral infinita
cantando silenciosa
no nosso corpo

An endless helix
sings silently
inside our body

Une spirale infinie
chante en silence
à l’intérieur de notre corps

Un espiral infinito
cantando silenciosamente
dentro de nuestro cuerpo

Begalinė spiralė
tyliai gieda
mūs kūne