夏石番矢の『ターコイズ・ミルク』 ――現代俳句詩の頂点